2017年10月14日

【永遠副長】約束の時

 お散歩隊ウィリアム副長、10月14日午前6時過ぎ、虹の橋へ旅立っていきました。

【10、 そして、この世でお別れをしなくちゃならないときがきたら、必ずオイラのそばに居てね。「見ているのがツライ」とか言って放り出したりしたらイヤだよっ。オイラはこの世でとーちゃんにお別れしたら【虹の橋】のたもとで、救出が間に合わずに先に死んでいった仲間たちに「オイラ、みんなの分まで幸せに生きてきたよ」ってキチンと報告したいんだ。んで「そのうち、とーちゃんもここに来るから、そしたらみんなで虹の橋を渡って、みんなで天国のお散歩隊をやろーぜっ!」って胸をはって言いたいんだ。
 だからとーちゃん、絶対に最後の最後で裏切ったりしないでねっ!!

11、 せやからな、とーちゃん。10コの約束守るためにも、オイラより先に死んだりしたらアカンよっ。】
若かりしウイリアム.jpg


 10年近く前の約束でしたが、とーさん、はたすことができました。
 この10年間、いつも一緒にいてくれたウィリアムは、まず『家族』であり、離婚・転職・親との死別などしんどい時にはともに戦ってくれた『戦友』でした。ウィル副長には山より高く海より深い『感謝』しかありません。ありがとう、ウィリアム。
 
 10月1日に「動物高度医療センター」にて検査と診断の結果、やはり「蛋白漏出性腸症」が認められました。
 その症状を引き起こしている原因の特定については内視鏡や開腹による確定診断が必要なのですが、先生との話し合いの結果、すでにステロイド服用による初期治療に入っていること、原因が何であれ初期治療方法に違いがないことから確定診断は見送り、内服と食事療法に取り組むこととなりました。確定診断は早急に必要なことではありませんしそれをしたから症状が改善されることでもありません。全身麻酔・開腹のリスクを考慮すると、ウィリアムの年齢も考えて病気と「戦う」のではなく「付き合う」という選択をした方が、とも考えた結果でした。

※ぼちぼちと追記していきます

ニックネーム ウィルとーさん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

蛋白漏出性腸症

 などという症状が出ちゃいました、ウィル副長・・・・・。

 8月に入って少ししたころ、最近なんとなくウンPがゆるめだなぁ、なんて思っていたところウィルねーちゃんも同様に感じていたようで、8月13日にかかりつけの動物病院に行きました。
 お盆の時期でもあったし、悪化してから病院に行って休診だった、なんてことになってもたまらないので、予防的に考えてということです。ただ、今にして思えば何らかの勘が働いたのかもしれません。
 これまでもたまに下痢したりなんてこともあったので、とりあえず止瀉薬の注射と内服&整腸剤の処方となり、その日の夕方のウンPはいつもの状態に戻りました。・・・が、これまでは注射いっぱつドーン!でその後の内服はいらないんじゃね?ってくらい回復したのですが、翌朝はまた「ゆるめだなぁ」と。でもまぁ、副長もそれなりにお歳だし若い頃に比べれば回復が遅くなってるのかもね的な発想で様子を見ていたところさらに悪化していき、とうとう水状に。
 8月19日に再度受診し検便をしましたならば「腸内細菌のバランスが崩れている」とのことで抗生剤(弱め)を追加&注射。この時点で食欲にはまったく影響はなく先生とも、
「どんだけ調子悪くても食欲だけには影響しない子なんでねー」
「じゃあ食欲不振になったら重症ですねー」
 なーんて笑って話してました。
 ところが8月23日にドライフードを食べなくなっちゃいました。
 少々あわくって再度受診。抗生剤を強めのものに変更し少々のステロイドをブレンドしました。幸い食欲は戻ったものの、ウンPは水状ではなくなったが形になるまでは回復せず、9月2日の受診でステロイドをきちんと内服することになりました。
 1週間1日1錠。次の1週間は2日に1錠。下痢はこれで止まる筈、だと。実際ウンPはきちんと形になり手でつかむことができるようになりました。ただこの時のウンP妙につやつやしてまして、今思えばあのツヤが蛋白質だったのか!となります。
 9月16日。ウンPにも恰好がついてきたのでステロイドはやめることにします。最近の説では因果関係が証明されていないので否定的な見解が多いようですが、ステロイドの投与が膵炎のトリガーになることを先生は気にしておられ、できるだけ早期に抜きたいとのことでした。
 しかーし、翌日ステロイドがなくなった途端に軟便復活。
 9月19日にまた受診。先生曰く「最初の症状から大腸性の腸炎を疑ったがもしかしたら小腸性の腸炎かしれない」とのことで、もう1回検便をします。
 素人的にはステロイドが効果あったと感じていたので処方してくれないかなぁ、と思っていたのですが、先生的にはやはりリバウンド急性膵炎が怖いらしく、小腸向けに注射と内服薬を微調整するにとどまりました。この時点で最初の受診時に10kgあった体重は8.5kgになっていました。で、やはり症状は改善せず9月22日、血液検査・エコーなど今の病院でできるフルコースの検査をいたしました。
 結果、総蛋白3.8(正常値5.0以上)アルブミン1.9(正常値2.6以上)
膵臓リパーゼ876(正常値160以下)で「蛋白漏出性腸症」と「膵外分泌機能不全」が疑われるが、今のところ膵炎症状はほぼ無いので「蛋白漏出性腸症」が特に、ということでした。
 ただ、検査結果からの除外診断であり確定診断には「内視鏡」をということで「日本動物高度医療センター」の受診を勧められることと相成りました。
 
 

ニックネーム ウィルとーさん at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

10周年に思ふ・・・・そして、目指せ!TOKYO2020

ウィリアム副長がお散歩隊に入隊して満10年となりました。

「ひと昔」としてくくれるほどの時間なのですから短いはずはないのですが、過ぎてみれば「長かったな」とは感じていないのが実感です。そう感じるのは、毎日一緒だから気づかないのかも知れませんが、ウィリアムが年齢ほど歳をとって見えないからかも知れません。

 10年前に譲り受けた時、率直に「10年、生きるかな?」と思いました。
 同じ崩壊施設から救出されたワンコの中では状態がかなり良い方だったとは思いますが、先住犬のジャスミン隊長と比べるとやはり体毛の手触りが悪かったりして、仔犬の時期の環境や食生活が寿命に影響するのでは?と考えたからです。

 しかし、そんな思いも結果として杞憂となり、10年という歳月を、無事に、一緒に、過ごすことができました。

 ・・・・・実に6年ぶりの更新となりますね(苦笑)。
 最早おっさん自身もその存在を忘れかけていましたが「ごきげん!お散歩日記」ちゃんとありました。まあ、記事投稿のログインパスワードは忘れてしまっていましたが、事務局に教えて頂き無事に復活できました(汗)。

 こうして無事を報告しているわけですから、おっさんとウィリアムは概ね日々寧日。ちょっと調子が悪いかな?ってな時もまれにありますが、大病も大怪我もなく、なんだかここ数年は極端に春と秋が短くなったような四季を満喫しております。
 ただ、やはり最後の更新から6年という時間が流れたわけで、まず、バァバが神様になりました(おっさん家は神道です)。幸いなことに事故や事件に巻き込まれたわけではなく病の末の他界でしたので、天寿をまっとうした、ということです。また、後を追うように猫のコタロウが『虹の橋』にお引越しをしました。バァバが神様になって4カ月後のことでしたので本当に後追いです。しかしこちらも、ピンピンコロリの見本のような状態で、当日も普通に朝ごはんを召し上がり普通にコタツの中でヌクヌクとしていた時に、少しだけ唸り声を上げた後旅立っていきました。おそらく急性心不全か何かだと思われます。まあ、お歳の割にメタボな猫さんでしたから。今頃は新しい世界で二人で仲良くしていることと思います。・・・・・・騒々しいので周囲は迷惑しているだろうと思われますけどね。

 そういえば、自身は更新していなかったくせに、「どうしているかなぁ?」とたまぁに覗き見しているワン友の皆様のブログも、虹の橋へのお引越しが報告されていたり、おっさんのように長い間更新が止まったままになっているものが増えてきたように思います。まったく、時間は平等に流れているんだな、ということを実感します。
 その感覚は、寂しくもあり嬉しくもあり、といった感じです。
 先ほど日々寧日とは記しましたが、身体的に元気健康であっても時間の経過に伴う「老い」は止められません。ウイリアムも最近はグルコサミンが必須サプリですし、階段の昇降もダッシュではできなくなってきています。日常の動作をみていると目と耳も若干衰えがきているようにも感じられます。ウイリアムの「老い」を肌で感じると寂しい気持ちにもなるのですが、一方で、出会った頃の最初の状態を思い出すと、「老い」が発現する年齢まで無事に生きてくれていることに嬉しさも感じるのです。不思議なものですけどね。

 さて、何はともあれ10周年。
 犬猫寿命の一般論で言えば今まではアクシデントがない限りは、ある意味保証された時間と言えますが、これからは、いつアクシデントが起きても不思議ではない時間と思います。1年1年が勝負!・・・・ってんですかね?・・・・・ま、何か違う気もしますが(苦笑)
 最近のご高齢の(人間の)方々は「東京オリンピックまではっ!!」ってのが合言葉(?)になっているそうですね。TOKYO2020はLIVE観戦したい、と。
 良い目標設定だと思います。世界中が注目するイベントの自国開催ですからね。
 おっさんにとってウイリアムとの暮らしも「10年」がひとつの目標でありました。
 でもそこはめでたく無事に達成できたので次はTOKYO2020にしようかな?。
 まあ、ワンコにとっては、どーでもいいイベントでしょうけれど(笑)
 野球もオリンピック競技に復活しましたし、横浜スタジアムが開催球場になるそうですので、ぜひ自宅のTV前でビールを飲みながら、おそらくは代表選手に選ばれるであろう筒香選手の特大ホームランを観たいものです。傍らで、つまみのケンタをねだるウイリアムとともに。

 そうそう。時間の経過に感じるのは「寂し嬉しい」ことだけではありません。
 純粋に「嬉しい」のみのこともあります。
 更新が途絶える前、2011年1月頃からちょびっと登場していた『連れ』の方ですが、今では『ウィルかーさん』としてお散歩隊に入隊しています。今後、登場するかはわかりませんが普段はウィリアムの立ち位置から見て「ねーちゃん」と呼称していますのでブログ内では『ウィルねーちゃん』と呼んでいきたいと思います(・・・・・今のところ)。
 
 お散歩隊全員でTOKYO2020日本選手団を応援できることを願って犬(笑)
 ではまた!
 
ちち、がんば!


おまえもな!

 
 
ニックネーム ウィルとーさん at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

「決定力不足」&「【忖度】」その後

 ・・・・・ありゃ?
 気が付けば五月も終わろうとしている・・・・・。
 またまた一ヶ月以上の空白やん!

 ま、おっさんの勤勉さなんてそんなもんだ、・・・ってことでるんるん

 さて、コチラコチラで、いわゆるサラリーマン的出世にしくじったおっさんでありますが、どーやら明日から昇進して、そもそも希望していた経理部に行くらしい顔(チラッ)
 今度はすでに全社員に人事異動の通達も流れているからハズレなしだとは思うが、今までが今までだからなぁ・・・。明日、出社したら「やっぱや〜めた」なーんて言われても不思議じゃない顔(ペロッ)
 ま、半分冗談ですがねるんるん (⇐残り半分は?)

 ・・・・・さて、そんなわけで足かけ1年間の「マテ」がようやく解除となったわけですが、なんか「マテ」が解除されたというよりは「棚から牡丹餅」って心境です。昨年末以降は「マテ」をしているつもりがまったくなかったもんで顔(汗)まあ、牡丹餅が美味しいか不味いかはこれから先の話ではありますが顔(ペロッ)

 図らずもコチラで「人生万事塞翁が馬」と記したように、昨秋の人事異動が当初の思惑通りに適用されていたら今回の話はなかっただろうし、そう考えると、何が幸いするか本当にわからない。
 ホント「捨てる神あれば拾う神あり」です。
 今年はやっぱり神さまがついている気がするわーい(嬉しい顔)

 なにはともあれ、これでわずかながらも昇給があるわけですし、ようやくウィル殿下のオヤツもグレードアップします。

 おまたせexclamation
 ウィリアム犬(笑)
110526_125320.jpg



ニックネーム ウィルとーさん at 22:11| Comment(1) | TrackBack(0) | おっさんのつぶや記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

阿呆くさぁ・・・

 茨城県某市が福島県からの転入者に対して放射線被曝検査の証明書提示を求めたんだって。この指示は市民課の課長さんが出したそうである。

 そのほかにも、
 高速道路のSAに福島ナンバーの車が停まっていると「どけ」とか言われたり、転校生が福島出身だとイジめられたりしてるんだって。

 あのさぁ・・・・・。

放射能は【ウィルス】ぢゃねーしっ!


 伝染んねーよ、悪いけど。

 六十数年前に、

「Hiroshima」「Nagasaki」に、
原子爆弾を落とされ、そこで散々な誤解や偏見がうまれて、
とても痛い目にあったはずなのに、
この国の人々はいったい何を学んで来たんだろう?
教える方も、教わる方も。


 その一方で、頼みもしないのに「義援金」募集のボランティア(?)が雨後のタケノコのように街角に立ってるんだから、笑っちまうよなぁ・・・・・。

 まあ、100人が100人、すべて善人でもなければすべて悪人でもないから仕方ないかも知れないけどな。

「人」に対する風評被害。
コイツの伝播を食い止めるのが最大の急務かも知れない。


ニックネーム ウィルとーさん at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | おっさんのつぶや記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

はっけよ〜い!!!

 苦節3年半・・・・・。
 ついに撮っちゃった顔(ペロッ)

 高貴な殿下の【うん〇んぐポーズ】

 気張ってるねぇるんるん
 今日も元気だ犬(笑)

 ごめんね、ウィル殿下顔(笑)

IMG_8047.JPG

とってもハズいのャ〜〜〜!

 
ニックネーム ウィルとーさん at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

お散歩隊は元気です【その3】

 またまたご無沙汰でございました顔(汗)
 まいどどーもスイマセン(開き直り)。




 大震災から1ヶ月が経ちました。
 地震、津波、原発と放射能、そして風評被害。
 まだまだすべてが収まる気配はありませんが、とりあえず、


お散歩隊は(いつも通り)元気です。



 ・・・なら、もうちょっと早く1回くらい記事書いとけよっ!
 って感じですが、なんか、『震災』について語っちまいそうでね。
 多分、とーさんが思っている以上に、想像以上の苦労をなさっている方は数多くいらっしゃるでしょうし、その苦労はきっと、地震・津波による直接被害、その後の事故やら停電やら交通遮断やらでの間接被害を問わず、その日その時その瞬間に、体験をした方でないと安易に語ってはいけないような気がしています。共感と共有は似て非なるものですから。

 報道で流れる様々な情報は、一面の事実ではあるものの全面の真実ではないと、とーさんは考えます。信じる・信じないは個人の自由ですから、報道の受け止め方を議論する気はありませんが、こんな時だからこそ、大きいだけの声に踊らされることなく、しっかりと自分なりの選択と判断をしていきたいと思いました。



今はただ、ウィリアムと離れることなく暮らせている日々を

とてもありがたいことだと思っています。




 仕事の都合で茅ヶ崎市によく行きます。
 いわずと知れた「桑田佳祐」さんの出身の街です。
 その街で2月19日に、昨年、大病を患った桑田佳祐さんの【復活祭】が行われていました。
 このイベントは少数の有志が予算0円から企画したそうですが、当日には市役所に「桑田佳祐さん復活おめでとう!」の垂れ幕がかかり、近くの会場には同様の横断幕。
 まあ、夏になると公務員もアロハシャツで仕事をしているちょっとイッちゃってる街ですからね。お祭り騒ぎは大好きみたいです。
 その光景をバスから眺めていて「なんかこういう雰囲気っていいなぁ」と感じていたのですが、いつになるかはわからないけど将来、日本中で、特に東日本のあちらこちらで、笑顔の「復活祭」がたくさん行なわれるといいな、と思います。

IMG_7780.JPG

活動休止してねーしっ!!!
ブログは書いてねーけど・・・・・(汗)


ニックネーム ウィルとーさん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

とある朝の出来事

 とーさんの、お仕事での移動手段は電車電車です。

 就業時間の半分以上が電車内ということもマレではありません。

 ある朝、乗継で電車を待っていて、乗るべき列車がホームに入ってきました。
 ドアが開くとそこにはベビーカーを押したママさん。

 その駅は列車ドアとホームにかなりの高低差があるので、なんとなぁ〜くイヤぁな感じがしました。

 すると案の定、ママさんが押したベビーカーの前輪が列車とホームの間にはまってしまい、ママさんはつんのめりベビーカーは横転寸前exclamation×2






 とーさん、反応したよっ!

 左手でベービーカーを抑え、右手でつんのめったママさんを抱きとめたexclamation
 演劇手(チョキ)演劇手(チョキ)演劇手(チョキ)演劇手(チョキ)演劇手(チョキ)

 とーさん、すごっexclamation
 ボケボケしててもやるときゃやるねexclamation
 オレって、ちょっとカッコ良くねexclamation&question
 とてもパンツ半下げで歯を磨いてるおっさんとは思えないexclamation
 自分で自分にカンドーグッド(上向き矢印)



 「どうもありがとうございましたぁ」と、ママさん。
 「いーえ、どういたしまして」と、とーさん。





 「・・・あの」
 「?」
 「お名前と電話番号を教えていただけないでしょうか?」
 「え?」
 「差支えなければお礼にお食事でも、と思いまして揺れるハート
 「・・・い、いや、それほどのことではありませんから・・・」
 「それでは私の気持ちが収まりませんワ!」
 「・・・い、いや、しかし」










 ・・・・・まー、そんなコトはなかったんだがね。
 ドラマぢゃねーし顔(チラッ)

 でも、ちょっといい気分るんるん
 なんか、その日は一日、気持ちが良かったのです。

IMG_7713.JPG

この話を電話で連れに報告したところ
「一緒に転ばなくて良かったネ」
・・・あー、まー、普段の能力値そんなもんです。


ニックネーム ウィルとーさん at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

最近の朝の光景

 前回の記事で記したようにありがたくない出来事が発生したり、月末月初の処理が重なったりして、とーさんはこのところ「休日」がとれていません顔(泣)

 ウィル殿下の毎日のお散歩はバァバが行なってくれていますので、排泄に困ったり過度にストレスがたまったりすることはないのですが、いかんせん、遊んでもらえない犬(泣)

 バァバの名誉のために述べておきますと、ウィル殿下と遊んであげないわけではないのです。ただ、ボールやディスクは無理なので、ハッチャケた遊びができないんですね。
 そーなると、どーしても物足りない様子犬(足)犬(足)犬(足)

 ウィル殿下に限らず、犬(笑)ワンコって(猫(笑)ニャンコも)人間が思っている以上に観察眼が鋭いと思います。
 殿下も、とーさんが朝起きて最初に何をするかで「その日」の見分けをしているようです。
 起きて、PCの前に向かえばとーさんが一緒の日グッド(上向き矢印)
 起きて、洗面所に向かえば昼間はとーさんがいなくなっちゃう日バッド(下向き矢印)
 そんな感じで区別をつけているみたいです。

 ですので、このところ洗面所に向かってばかりのとーさんにくっついてきて、
 「ねーねー、とーちゃん、今日もいなくなっちゃうん?」 ってな感じで、とーさんに寄りかかってきます。
 ウィル殿下が目一杯背伸びをしても、彼の前足はとーさんの腰までしか届きません。
 そこで「ねーねー」とばかりに前足でカリカリするので・・・・・・。
 
 ズリズリズリ・・・・・・・。
 とーさんのパンツは下がります。


 ・・・あのな、殿下。
 とーちゃんのパンツ降ろさんでくれんか?もうやだ〜(悲しい顔)
 とーちゃんはカワイイおねーちゃんかキレイなおねーちゃんじゃなきゃパンツ下げてもらってもウレシクないんよ。
 それにな。
 いくら家の中とはいえ、四十路過ぎのおっさんがパンツ下げて歯を磨いている姿は、かなりカッコ悪いぞ?
 殿下もカッコ悪いとーちゃんは見たくないだろう?
 ま、そうは言っても素が素だからあまり変わらないんだがな。
 だがな、素がカッコ悪いからといってあきらめてちゃイカンのだ。
 人間に限らず、生き物の本当の魅力はな、一生懸命頑張っている汗にあるんだよ。スマップも歌っているだろう?
 シャンと胸を張れ、って。
 だからな。
 とーちゃんと遊べない寂しさはわかるけど、殿下もここはぐっと堪えてな、次にとーちゃんと遊べる時を目指して、バァバとお散歩を精進しておくのだよ。たとえ短い時間であっても日々鍛錬しておけばいざって時に役に立つからな。
 とーちゃんみたいに思いつきで体を動かすとエライめにあうからな。





 ・・・・・だからさ、
 パンツ降ろすなっちゅーに・・・・・・。
IMG_7591.JPG

・・・・・それは『夏』になってもまずいと思うぞ。

2011年02月28日

殺意

 
 ・・・・・いや、物騒なタイトルですみません。

 でも、ま、「殺意を覚える」とはこういうことか、と実感しちゃったもんで。


 おっさんの今の職場が、年齢を問わず女性比率が高い事はコチラで記したとおりです。
 ですので、ロマンスが生まれることもあれば、そこまで至らず消えていくせつない悲恋もあり、各所で十人十色、百人百色の人生劇場が展開されていたりもするようです。
 自分の人生の主人公は自分。
 がんばれexclamation×2それぞれの主演男優、主演女優黒ハート



 ・・・・・なのですが。
 物語が浮くにせよ沈むにせよ、それが『恋愛』という物語のくくりの中に収まっていればあまり問題はないのですが、中にはそこをはみ出しちゃうケースもあり、そういった場合は望むと望まないとに関わらず『セクハラ』なんて言われちゃったりします。
 個人的には、セクハラとかパワハラってすごく判定が微妙だなぁ、と考えておりまして、そーいうネタには極力近寄りたくないなと思っています。なんというか出川哲朗さんと木村拓哉さんが同じ行為をしたとして、片方はセクハラになるけど片方はならない、みたいな(失礼!)。要は受け手の感性次第で、それが愛情表現にもなれば迷惑行為にもなるってことです。
 ま、そこは「触らぬ神にたたりなし」ってことで、職場内でそーいう行ないは控えておくに越したことはありませんです、ハイ顔(汗)

 しかし、そーいうことって起きる時には起きちゃうんですね。
 おっさんの担当する事業所でも起きちゃいました。
 しかも内容が『セクハラ』っていうよりも『強制わいせつ』に属すると思われる出来事が、クライアント側従業員によっておっさんの会社の女性従業員にされちゃいました・・・・・。

 「かんべんしてくれよ、まったく」と思いつつも、頭を抱えているワケにもいかんので、被害者から事情を聞き、大体の経緯を把握するとおっさんは上席に報告と相談をしました。この上席とはコチラの記事『ご本人様』です顔(イヒヒ)

 おっさんの会社のお仕事は人材派遣とは若干異なりますが、とにかく決められた営業時間に従業員を配置していなきゃイカンという請負契約業務です。ですので何らかの事情によって当日の予定者が勤務不能になった場合、代勤者の手当をつけねばなりません。できない場合、契約不履行になってしまうのです。
 が、事態が事態ですし、勤務不能の理由が理由ですので、おっさんは、
「クライアントに事実確認と代勤者の確保ができない場合の休業許可を交渉に行こうと思います」
 と、相談をしました。





 「それは契約上、言えないなぁ」
 「はい〜〜〜exclamation&question左またまた杉下右京風に!)

 「その人(被害者)はさぁ・・・、もう仕事に行かないって言ってるの?」




 あたり前だろっっっ!!!ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)




 瞬間的に本気で『首、絞めてやろう』と思ったね。
 確かに、現場担当者のおっさんと経営に携わる上席ご本人様とでは、立場・視点の違いはあるかも知れん。・・・にしても、第一声でそれはねえだろう。
 自社従業員が何らかの被害者となったとして、まずそれを守ろうとしない組織でどうするよ?

 おまえはっ!
 自分の嫁さんが被害者だったとしてっ!!
 それでもっ!!!
 その職場に「行け」と言えるのかっ!?!?!?

 
 ダメだ。完全にダメだ。
 「オワってる」とは感じていたが、まさかこれほどとは。
 『忖度』以前の問題だ。
 小学校の『道徳』からやり直せっ!

 もう、ね。
 何が良いとか悪いとかのレベルじゃないね。
 火の粉が自分に降りかかってやけどでもしない限り、例え自分の家が焼けてたとしても『対岸の火事』なんだろうね、きっと。こーいう人は。

 も、いいわ・・・・・。
 おっさん、自分で判断して最善と思われる行動に移ります。
 結果、請負契約が解除になったとしても知ったことか。
 会社がなくても人は生きていけるけど、人がいないと会社は作れんのだよ。
 おっさんはそれが正しいと思う。
 あえてどちらかを選ばなければならないとしたら、おっさんは常に『会社』ではなく『人』を選んでいきたいと思います。


 物騒なタイトルだったんで、最後はお花を見て和んで下され。
IMG_7951.JPG


またオイラの出番なしャ〜〜!!(ウィル)
・・・・・つ、次は出すからっ(とーさん)



ニックネーム ウィルとーさん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おっさんのつぶや記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする