2008年06月22日

プレプレ1周年

 
 すっかり放置ブログに成り下がってはいますが、やはり今日は記事を書かなきゃイカンでしょう。
 なぜならば、昨年の今日、ウィリアムの里親募集が開始された日だからなのです。


 とーさんがウィリアムの存在に気が付くのはまだもう2、3日後のことですが、王子にとってみれば、あらたな犬生の第一歩となった記念すべき日なのですから♪

・・・・・ちなみに1年前の王子はこんな感じ。

f0057509_16473332.jpg

f0057509_17295413.jpg


 なんとか笑顔が出てはいるけど、全体的な毛のバサバサ感や表情のうつろさは、それまでの環境の劣悪さを雄弁に物語っているように感じます。
 実際、去年我が家に来た当時は毛が本当に針金みたいで、ジャスミンとはあまりにも違う手触りに驚いたものでした。その割には櫛を入れても毛が抜けず「?」と思っていましたら、なんのことはない、栄養状態が悪かったので、満足にアンダーコートすら生えていなかったのです。
 そんな王子も今ではあちこちに綿毛のような抜け毛を撒き散らし、ちょっと油断をすると耳の後ろにイヤリングのような【毛玉】までこしらえてくれますもうやだ〜(悲しい顔)

 手触りも格段に良くなり、今では獣医さんにも「ずいぶん柔らかい毛だねぇ」と褒められる?程になりました♪
 そして、サワサワの被毛をなびかせて、日々、草っぱらを駆けずり回っております犬(笑)

IMG_5650.JPG


 思えばとーさんも、ちょうど昨年の今頃というのは、
 「ジャスミンとあと何日、一緒に暮らすことが出来るのだろう」
 「ジャスミンが居なくなったその時にはどうしよう」
 ・・・・・と、そんな後ろ向きのことばかり考えていた時期でありました。すべてはこじれた事態を自分にとって、より良い方向で解決しようと自分で選択した道ではありますが、まだまだ先の展開は五里霧中。
 ただただ目前からジャスミンが居なくなることしか考えられず、本当に暗中模索の状態であったのです。
 ・・・・・希望の光がすぐそこまでやって来ているとは、まるで想像も出来なかった時期でした。

(次回【プレ1周年】に続く)

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

ニックネーム ウィルとーさん at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする