2011年01月16日

「どんど焼き」に行ってみた。

IMG_7740.JPG


 昨年末から神サマ大好きモードのとーさんは、今度は「どんど焼き」に行ってきました。初詣にてお札を購入したのなら、やはり次は古いお札を神サマにお返しせねばなりません。
 例年なら(ってか初詣自体が何年振りだ?顔(汗))詣でるついでに古いお札などは神社に収めてきてしまうのですが、今年はホントーに神サマの存在を信じる気になっているので、キチンと行事を行なうことにしました。

 考えてみりゃ我ながらゲンキンなこってす・・・・・(汗)。

 向かったのは国から重要無形民俗文化財に指定されている大磯の左義長(どんど焼き)。
 思ったほどの人出でもなく人混み嫌いなとーさんもちゃんとイベントに参加して楽しむことができましたわーい(嬉しい顔)
 目分量3年分くらいのお札類を炎に放り込み、今年の無病息災と幸運をお祈りしました。
 すでにイイことあるけれども、さらに花が開いて実を結ぶといいなるんるん
 そのための努力は惜しみませんです、ハイ。

 ただ、人出が読めなかったことと火が近くのイベントでしたので、今回はウィル殿下はお留守番としました犬(泣)
 どんどの炎で焼いたお団子を食すと1年風邪を引かないそうです。
 来年のどんど焼きには殿下も連れて行って一緒にお団子を食べようと思います。

IMG_7727.JPG

どんど焼きに行く前、連れに餅を焼いたらイカンのか?
と、訊いたら笑われました・・・・・。
けど、ウィキの百科事典をみたら、
もともとは餅を焼いていたらしいっす。
大磯の方が邪道なんじゃん!(←負け惜しみ)


ニックネーム ウィルとーさん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

【忖度】

そんたく【忖度】
(名)
スル
〔補説〕 「忖」も「度」もはかる意
他人の気持ちをおしはかること。推察。

[ 大辞林 提供: 三省堂 ]


 ・・・・・・・ですって。
 勤め先の社長が訓示の中で紹介しておりました。
 したら、サラリーマンやねぇ。
 みなさん、度あるごとに「忖度」を使う、使う。
 まるで自分が見つけてきたかのように(苦笑)。
 
 3ヶ月前にニンジンゲットをしくじったおっさんは、淡々と、粛々と、お勤めをしております。
 なんつーか、ニンジンがなくなったら却って気楽になりました。
 特に昨年12月以降は拾ってくれた神サンがいることもあり、
 「まあ、とりあえずどうでもいいか♪」と。
 昇進したくない訳ではないけれど、したらしたで窮屈になりそうな気もするし、もともとさほど勤労意欲旺盛でもないので、今は時間にゆとりのあるぺーぺーの方が性に合っていると感じています。将来性と財政に不安は感じますが、当面なんとか転がっているので、夕飯の心配は昼飯を食べてからすることにしました。

 ところが、そーんな気持ちになった途端にまたニンジンが出現バッド(下向き矢印)
 昇進して関西の営業所に行かないか?ですと。
 「はい〜〜〜exclamation&questionグッド(上向き矢印)(←杉下右京風に)
 いわく、秋の組織改編で昇進させなかったことは申し訳なく思っている。ところが本社では現在ポストがない。しかし、関西営業所で管理職を欲しがっているので、どだ?
 ・・・・・と、いうことだそうです。






 そりゃあ、表面上は気楽な独り者だけんどもさ。
 20年近く返済の残った一戸建てと老人の入り口に立っているおっかさんおっ放り出して、昇進して関西に行け?
 や〜なこった顔(ペロッ)
 ま、会社組織の人事ですから個人事情を考慮しないのも当然と言えば当然ではありますが、にしてもねぇ(溜息)。


 わかっちゃねぇなぁ。
 おっさん、昇進できなかったことに腹を立てているのではなく(そりゃ決定直後は腹も立てていたが)、昇進見送りの決定をキチンと告知してくれなかったことに腹を立てているのよ。ニンジンぶら下げて期待させるだけさせておいて、それを土壇場でひっくり返し、そのまま放置した不誠実さに腹を立てているのよちっ(怒った顔)

 まるで【忖度】できてねぇ。
 正直、えらそーではありますが、
 「オワってんな、コイツら」
 と、思いました。
 まあ、職場・仕事に対する価値観の相違もあるでしょうから、どちらが正しいとは言いませんが、今のおっさんにとって今の会社は生活のための手段であって、ウィル殿下も含めて手段のために現在の環境を変化させなければならないとしたら、手段の方を変えるだけのことです。
 言い換えれば、今の会社に環境変化に勝るだけの魅力が無いっちゅーことです。いち労働者として。

 けどまあ、まだ『そこ』にいる身ですからね。
 許容範囲内で頑張ってはいきます、ハイ(苦笑)。
 文句を言わず、淡々と、粛々と。

IMG_7614.JPG

・・・・・いや、ひじょーに【忖度】しやすいのですが?

2011年01月12日

小ネタ1:鎌倉の雑貨屋にて

 年末このかた、妙に信心深くなっているとーさんは、何を勘違いしたのか、数年ぶりに鶴岡八幡宮なんぞに初詣に行っちまいました。
 っても、行ったのは10日なんですが、何か?

 大枚はたいてごっついお札と破魔矢の「大」なんぞを購入し、意気揚々と小町通り散策に。
 とある雑貨屋さんのショーウインドウに良さげな器を発見し(最近、素焼きの焼き物に興味深々)、ふらりと中へ入りました。
 すると焼き物以上に目を惹いたのが、お店のご主人にリードを持たれた看板犬(?)のダックス君犬(笑)

 目が合った瞬間から尻尾ブンブンの大歓迎モードグッド(上向き矢印)
 ひざまずいて喉元をグリグリしたらもう、
 「オッチャン、ええ人や〜〜〜ハートたち(複数ハート)
 と、熱烈なペロちゅー黒ハート
 上ちなみに男の子。

 それに驚いたのがご主人でして、こんな反応は珍しい、とのこと。
 基本、来客には吠え立ててしまうので困っていたそうです。
 「私も犬、飼ってますんで」
 と愛想笑いで答えたら、
 「保護犬ですか?」
 と、ご主人。
 もちろん、ウィル殿下も保護犬ですので「ハイ」と答えたら、
 「やっぱり、動物って、わかるんですかねぇ」

 ・・・・・・なんか、素直に、すごく嬉しかったぁ。
 っつーか「保護犬ですか?」って訊かれた時点ですでに驚いてたけど。
 やっぱ、そういうオーラみたいなものってあるんすかね?

 今度は殿下を連れて、ダックス君に会いに行こうと思いました。
 上焼き物ことはすでに忘れているふらふら

 さらに小ネタ・・・・・。
 お札の購入に際し、
 「何にしようかな? 家内安全?ちがうな〜。商売繁盛(仕事運)はもはやどーでもいいしなー。交通安全?ま、それはもちろんだけどものたりないなぁ。学業成就?受験はとうぶんしねーだろ?・・・・・・・うーん、うーん」
 と、しつこく迷っていたとーさんに、連れがひとこと。
 「厄除けでいいんじゃない?」
 ・・・・・・・・もれなく当たりです。それ。
ニックネーム ウィルとーさん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

おうどん大好き

 新年、明けましておめでとうございます鏡餅
 今年もよろしくお願い申し上げます犬(笑)

 ・・・・・一応、言っときます。
 前回まったく失念してましたので顔(汗)
 っても、すでに暦は七草でございます(滝汗)

 さて、今年のお正月も例年通り兄夫婦が来訪し、甥と姪も遊びに来ました。
 ウィル殿下と兄家族の距離も年々縮まっており、今年は兄と義姉の間で「鯵のひらき」モード全開でございました。どーやら時々現れる群れの仲間として認識をした感じです。

 そんな殿下のささやかな進化はともかく、人間どもはこれまた例年通り元旦の夕飯はイベント「鍋」イベント
 今年はカモ鍋になりました。
 宴もたけなわ、兄や義姉にカモの切れっぱしを頂戴して、殿下も大満足の夕飯でありまして、鍋にはついに締めの「うどん」が投入されました。

 やめときゃ良かったんでしょうけどね〜もうやだ〜(悲しい顔)
 兄や義姉がカモ肉を与えるので、とーさんは遠慮して食事中は殿下の相手をしませんでした。で、ホトケ心を出してしまった。
 カモだしのたっぷり染み込んだうどんを1本、殿下にお年玉。




 そーとー、美味かったらしい。
 普段の殿下はあまり「おねだり」はせず、貰えたら頂くスタンスです。
 ところが。
 うどん喰ったら目がランランと輝き出し、前足チョイのおねだりをこれでもかってくらい繰り返しました。
 まあ、人間用の味付けが犬に良くないのはわかっていますが、お正月ですから。
 美味しい幸せが感じられるなら少しなら、いいか、と。
 
 それにしても殿下のすさまじい反応にビックリです。
 こりゃあ正月早々、禁断のお味を教えてしまったかなぁ・・・・・。

IMG_7542.JPG
 
肉より炭水化物に強反応するワンコもどーかと思うぞ?
ウィル殿下


ニックネーム ウィルとーさん at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ウィルとーさん記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

完全復活♪

 ・・・・・って、ブログじゃないよ♪
 ブログは今まで通り、気分で書きますので2〜3か月は平気で沈黙します。

 ・・・・・〜んーーーー。
 ただ。
 メンタル的には完全復活で♪

 なんつーか、捨てる神あれば拾う神ありってとこですかいね?

 拾った神サンが福の神である保証はないのだけど、逆に考えれば捨てた神サンが福の神であったかもわからないわけであり。
 一緒にいる時はね、舞い上がっているからさ。
 てっきり福の神だと思い込んでいるけれど、よくよく考えると、はて?本当に福は来てたのでしょうか?と。
 まあ、失礼っちゃ失礼だとは思うが、絶対値で考えればあくまで結果ですから。
 そう思うと、年末この方、今の状況の方が福が来ていると思うので、まぁ、拾われたことで良しとするかと。

 ということで、せっかく拾ってくれた神サンがいるわけですから、今度は捨てられないようにするべぃか、と思っているおっさんであります。
ニックネーム ウィルとーさん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | おっさんのつぶや記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする